2015年01月04日

1/72 局地戦闘機 秋水

ハセガワより発売の1/72 秋水を量産型カラーで仕上げました。

この機体はドイツのメッサーシュミット Me163の図面を基に作られましたが、試作機で終わった機体です。

これや震電、橘花などが零戦等と同じ時代に存在していたと思うと、感慨深いものがあります。

カラーリングは説明書に載っていた通りにしました。

秋水 001.JPG

秋水 002.JPG

秋水 003.JPG

秋水 004.JPG

秋水 005.JPG

秋水 007.JPG

●カラーガイド

緑:暗緑色(三菱系)
銀:スターブライトシルバー
操縦席内:コックピット色(三菱系)

タイヤ:タイヤブラック
ホイール:スターブライトシルバー

機銃:黒鉄色

●仕上げ

塗装後デカールを貼り、乾燥後にEx-クリアーを塗装。

タミヤ スミ入れ塗料(ダークブラウン)でウォッシング。

トップコートにEx-フラットクリアー(フラットベース2倍)を塗装。

張り線(アンテナ)をモデルカステン製のメタルリギング0.3号を使用して再現。

大戦末期の試作機3機

秋水 011.JPG

<
人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

広告

posted by シグラム at 07:00| Comment(0)| TrackBack(0)| スケールモデル完成品| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416179483

この記事へのトラックバック

▲TOPへ