2015年03月16日

1/144 零戦21型(宮部久蔵機)&翔鶴型飛行甲板

SWEETの1/144 零戦21型を製作。機体番号を空母赤城所属時の宮部久蔵の搭乗機番号のAT-162にして完成させました。

また、SWEETの日本海軍航空母艦(翔鶴・瑞鶴型)飛行甲板セット Part.1(後部リフト付き)を塗装しました。

組み合わせがちぐはぐですが、入手できた飛行甲板はこれしかなかったためです。
飛行甲板に上げられた零戦はこんな感じだったという雰囲気を感じられればと思い、セットにしてみました。

DSCF1998.JPG

DSCF1999.JPG

DSCF2002.JPG

DSCF2003.JPG

 

●カラーガイド

・零戦
灰:灰緑色
操縦席内:コックピット色

スピナー:スターブライトシルバー
プロペラ:スターブライトシルバー
プロペラ裏:Ex-ブラック
エンジン:黒鉄色
エンジンカウル:Ex-ブラック
排気管:焼鉄色

タイヤ:タイヤブラック
ホイール:スターブライトシルバー
主脚格納場所内側:青竹色

右翼端灯:GXメタルグリーン
左翼端灯:GXメタルレッド

・飛行甲板

エレベーター:Ex-ブラック → 佐世保海軍工廠標準色
木製甲板:Ex-ブラック → タン → タンにウッドブラウンやサンドイエローを混ぜて適当にグラデーション

●仕上げ

塗装後デカールを貼り、乾燥後にEx-クリアーを塗装。

タミヤ スミ入れ塗料(ダークブラウン)でウォッシング。

トップコートにEx-フラットクリアー(フラットベース2倍)を塗装。張り線(アンテナ)をモデルカステン製のメタルリギング0.3号を使用して再現。

尾翼にけがき針で穴を開けてメタルリギングをゼリー状瞬間接着剤で固定。

乾燥後に操縦席側の支柱にゼリー状瞬間接着剤を付けてメタルリギングを固定。

はみ出た部分は金属用ニッパーで切り取りました。

1/72 タミヤ 零戦21型と

144零戦21型 002.JPG


↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

広告

posted by シグラム at 00:00| Comment(0)| TrackBack(0)| スケールモデル完成品| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

▲TOPへ