2017年03月05日

1:100 MZV-747J テムジン 747J [ラジカルザッパー]

ハセガワより発売の1:100 MZV-747J テムジン 747J [ラジカルザッパー]を製作しました。

DSCF5318.JPG

所属している模型サークル MCプロジェクトは、2017年も静岡ホビーショーに参加します。
その展示のお題の一つがバーチャロンとなっています。
2016年の静岡ホビーショーでもうちのサークルでバーチャロンの展示を行いましたが、その中にはラジカルザッパーを持ったテムジンは無かったので、作ろうと思い製作を開始しました。

今思えば、バーチャロンのプラモ作ったことが無いのに、ハードルが高いキットを選んだものです…

デカールを複雑に貼らなければならず、不足している面のタッチアップもあり、かなり時間が掛かってしまいました。

また、写真を撮るためにポーズを取らせようとしたところ、可動範囲が狭い部分があり、パーツ同士をこすって塗料を剥がしてしまったりしたので、あまり大胆なポーズは取らせませんでした。

広告


DSCF5308.JPG

DSCF5309.JPG

DSCF5310.JPG

DSCF5311.JPG

DSCF5312.JPG

DSCF5319.JPG

DSCF5317.JPG

DSCF5315.JPG

●カラーガイド

ホワイト:VO-01 ウォームホワイト
ライトブルー:Ex-ホワイト + ライトブルー 8:2くらい
ブルー:VO-06 マーズディープブルー
ダークブルー:VO-09 マーズダークブルー
レッド:VO-06 ローズブライトレッド
イエロー:VO-03 ビビットオレンジ
グレー(関節部):VO-04 フレームメタリック(1)
ブラック:Ex-ブラック

説明書通りに下地の塗装を行い、デカールを貼った後に不足部分を筆塗りにてタッチアップ。
ブルーとダークブルー以外はカラーガイドのものを使用。
色味がデカールと合わないブルーとダークブルーは過去に調色してあまった物を使用。

タッチアップ後、クリアーを塗装してスミ入れ。
トップコートはガイアノーツのEx-フラットクリアーを塗装。
Vコンバーターの円盤のみ、Exクリアーをエアブラシで塗装。
クリアーパーツは先に接着してあったので、クリアーパーツにはさらにEx-クリアーを筆塗り。

説明書には不足している説明があったりして、日本製キットの説明書でも鵜呑みにしないで、確認しながら作業をすることが必要だと思いました。
今後の模型製作にその経験を活かしていこうと思います。



『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

広告

posted by シグラム at 21:20| Comment(0)| その他完成品| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲TOPへ