2017年04月09日

FA:G 轟雷 サブアーム用背部フレーム作成

アニメでフレームアームズ・ガールが始まったのに合わせ、エディオンでキャンペーンが行われたり、模型屋等で目立つ位置にフレームアームズ・ガールの商品が置かれていました。

フレームアームズの轟雷のデザインにほれ込んで、これまでキット等を購入してきましたが、当時はここまで展開するとは思っていませんでした。

久しぶりにフレームアームズ・ガールの轟雷をいじくりたくなったので、二式大艇を脇に置いて、やってみたかったサブアーム用のフレームを作成しました。

DSCF5443.JPG

轟雷はスティレットと違って武器を山積みにしたいと思ったので、それっぽくサブアームを組んでみました。

広告


キットの時点からサブアームがあるバーゼラルドの背部フレームを使用すると、それ以外が大量の余剰パーツになってしまい、背部フレームのランナーを部品請求した場合はどのくらい金額がかかるか調べてみたところ、ランナー4つと送料合わせて2,000円。
郵便為替の手数料や切手代等も含めれば2,300円くらいでしょうか。

郵便局に出向く手間も考ありますし、複製するのも簡単ではないので既存のパーツを使用して背部フレームを製作したほうが楽だと思います。
今回のアニメ化でハマった方もいるかと思いますので、そういった方の製作の参考になればと思い、簡単に製作できることを念頭にフレームアームズ アーキテクトをメインに作り始めました。

まず、完成後の背部フレームです。

DSCF5431.JPG

DSCF5432.JPG

上半分がフレームアームズのアーキテクトの胴体で、下がM.S.G(モデリングサポートグッズ) ヘヴィウェポンユニット06 エクシードバインダーのマルチアイテムハンガーの基部を使用して組み立ててあります。

●アーキテクト胴体

DSCF5433.JPG

ここは赤枠で囲った腰との接続部分を前後逆に取り付けただけです。

DSCF5434.JPG

上の写真で赤枠で囲ったパーツにベースの接続ピンを差し込み、轟雷が支えきれないサブアームとフレームの重量を支える為、接着剤などでがっちり接着してしまいました。
接着しないとすぐ赤枠で囲ったパーツが外れて追加パーツを支えきれません。

●マルチアイテムハンガーの基部

DSCF5435.JPG

今回使用したマルチアイテムハンガーの基部は以前に製作したフレームアームズ・ガール スティレットの追加パーツを作る際に失敗したものをリサイクルしました。

なので、青枠で囲った辺りに接続ピンがキットを加工しなくても存在しますが、切り取ってしまってあったので、マルチアイテムハンガーに使用するパーツC4を加工して接着しました。
キットの接続ピンでもおそらく大丈夫太と思います。

赤枠で囲った部分にも接続用のピンを接着しました。
ここはジャンクパーツを使用しましたが、マルチアイテムハンガーに使用するパーツC4でもいいと思います。
実質、ここだけ加工すれば背部フレームは製作出来ます。

DSCF5436.JPG

マルチアイテムハンガーの基部下にスティレット用のベースに接続するパーツを埋め込みました。
スティレットは背中にマルチアイテムハンガーの基部を接続できたのでベースに接続する穴を使用できましたが、轟雷の背中にある接続穴は斜めに3oの穴が掘られているので、そのまま基部が接続できないため、腰に接続するよう変更。
その為、位置的にベースの棒の長さが合わなくなってしまい、ベースの接続軸をアーキテクトの背中に接続するようにしました。
なので、この作業は行わなくていいです。

●FA:G 轟雷への接続

DSCF5437.JPG

轟雷の腰リアアーマーの3o穴は垂直に開いているので、ここにマルチアイテムハンガーの基部を接続。
マルチアイテムハンガーの基部左右には角度が変えられる接続軸があるので、サブアーム以外も取り付けて拡張できます。
ブースターでも取り付けましょうか。
折りたためる足を取り付けて、背部フレームが単独で立たせられるのもおもしろそうです。

DSCF5438.JPG

轟雷の関節はサブアームや背部フレームを保持できないので、ベースへの接続は必需です。

DSCF5442.JPG

上は背部フレームの右肩にウェポンユニット36 ミサイル&レドームのミサイルを、左肩にアーキテクトの腕を接続した写真です。
ミサイルの方が肩幅が広く出来ます。
通常の腕を使用する際は、胴体側の接続軸に軸を延長できるアダプターを取り付けるのも手かもしれません。

DSCF5430.JPG

ヘヴィウェポンユニット09 ボルテックスドライバーやモデリングサポートグッズ MW-20 ガトリングガンなども接続してみましたが、ガトリングガン側の肩のポリキャップはすぐへたってしまいました。
ポリキャップが割れたこともあるので、軸を太くしてテンションを上げるのはお勧めできません。

右腕の杭打機の製作記事はこちら

M.S.G リボルビングステーク 製作方法

もう製作してから4年以上経過しているとは…

FA:G バーゼラルドに付属のサブアーム用の背部フレームは他のキットに付けても面白いと思うので、今回似たようなものを製作してみました。
FA:G バーゼラルドを背部フレーム目的で購入するのはお財布に優しくないので、コトブキヤから各フレームアームズ・ガールに接続できるようにアダプターを付けるなどして、M.S.Gで発売して欲しいところです。



『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

広告

posted by シグラム at 17:13| Comment(0)| フレームアームズ・ガール| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲TOPへ