2017年12月26日

パワードガーディアン・ギガンティック

自分好みに改造していたコトブキヤ モデリングサポートグッズ ギガンティックアームズ パワードガーディアンをようやく完成させました。

DSCF6421.JPG

当初の目的であった、パワードガーディアンの手足の接続位置を前に出して轟雷との一体感を出し、人型に近づけて背中に輝鎚のパーツを付けてごつくしました。
手持ち武器はまだ塗装していないので、そのうち完成させます。

広告


DSCF6431.JPG

パワードガーディアンの重量だけで463グラムで、轟雷を含めれば500グラムを超えるため可動は捨てています。
製作中に一部の関節軸が折れて、何度も手直しすることになりました。

DSCF6432.JPG

DSCF6433.JPG

DSCF6435.JPG

DSCF6437.JPG

DSCF6438.JPG

DSCF6439.JPG

DSCF6441.JPG

DSCF6440.JPG

●カラーガイド
各塗料の割合は大体です。

装甲(茶):@オリーブドラブ(1)(40%) + Ex-ホワイト(30%) + フィールドグレー(20%) + Ex-ブラック(5%) + 茶褐色(5%) + Ex-ブラック少量 →Aオリーブドラブ(1)(40%) + Ex-ホワイト(30%) + フィールドグレー(20%) + Ex-ブラック(5%) + 茶褐色(5%)

装甲(黒):Ex-ブラック → Ex-ブラック(60%) + レッドブラウン(30%) + ニュートラルグレー(10%)
装甲(灰):Ex-ブラック → FG-04 アーマーグレー
フレーム、クローラー:Ex-ブラック → VO-04 フレームメタリック[1]
フレーム(金):Ex-ブラック → ゴールド
フレーム(赤):Ex-ブラック → GXメタルレッド
バーニア中:Ex-ホワイト → ブライトレッド
操縦桿:Ex-ブラック → 軍艦色(2)

塗装後、タミヤ スミ入れ塗料(ブラック)でスミ入れ。
ハイキューパーツのデカールを2つと、パワードガーディアン付属のものを使用して貼ました。
トップコートに装甲部分はEx-フラットクリアー(フラットベース1瓶追加)を塗装。
フレーム部分はEx-クリアーでトップコートしました。

ちなみにこのパワードガーディアンを製作するにあたって購入したキットと、定価(税抜)は下記のようになります。

パワードガーディアン 4,800円
輝鎚・乙〈白兵戦仕様〉5,400円
輝鎚・甲 拡張ブースター×2 3,200円×2
ブリッツガンナー 2,400円
ムーバブルクローラー 2,400円
FA:G アーキテクト 4,500円
リボルビングバスターキャノン 1,200円
大型ミサイルランチャー 700円
プロペラントタンク〈角〉800円
グレイヴアームズ×2 900円×2
計30,400円(白目)

この他にもこまごま購入してあったパーツを使用していますが、計算してみるととんでもないことになっていました。



パワードガーディアンの製作記事1はこちら!


『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。


人気ブログランキングへ

広告

posted by シグラム at 18:53| Comment(0)| その他完成品| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲TOPへ