2013年09月25日

ヒュッケバインガンナー 組立中

ヒュッケバインボクサーに続いて入手していたボークス製のガレージキットのヒュッケバインガンナーを組立中。

ガンナー 001.jpg

参加しているサークルの方に今度のオフ会に持って行くと約束していたので、クレンザーで洗浄して湯口を削って組み立てています。

当初はキットを持っていけばいいかなと思っていたのですが、組み立ててあったほうが見栄えがいいと思い、組み始めました。

…が、オフ会は今度の日曜なのでチョット間に合いそうにないので、ある程度は形にしておきたいです。

1/35 スコープドッグに続いてスタンディングトータスなんか組んでないで、ガンナーを組んでればよかったような。

スタンディングトータス 008.jpg


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 21:00| Comment(0)| TrackBack(0)| スパロボOG| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2013年08月31日

1/144 ヒュッケバインボクサー 製作終了

ヒュッケバインボクサーの工作を終了しました。

Mk-Vの上腕の関節はボクサーの腕の可動に影響がないのが分かったので、接着して固定としました。

一度サークルの方に見せたいですが、そうすると9月後半までこのまま放置となってしまいます。

塗装すると9月後半までには絶対終わらないので、どうしたものやら。

ヒュッケバインボクサー 008.JPG


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 20:00| Comment(0)| TrackBack(0)| スパロボOG| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2013年08月29日

1/144 ヒュッケバインボクサー 製作3

前回書いたボクサーの問題点を掲載。

AMガンナー腰のパーツと足のパーツを鉄アレイ型のパーツで接続するのですが、このパーツの軸が長過ぎます。

また、Mk-Vの足よりAMボクサーの足のほうが長いです。

これにより、キットのまま組み上げると上半身が多少前かがみのポーズしか取れず、膝も思うように曲げられません。

無理に曲げようとすると膝関節が外れてしまいます。

なので、下のような加工を行いました。

●工作

鉄アレイ型のパーツの軸を2.5mm3.5mm削り、2mm真鍮線を軸にして接着。

組み合わせてみたらまだ長かったため、更に1mm削りました。

左がキットのまま、右が加工後です。

ボクサー008.jpg

これだけでは足りなかったので、股関節のパーツの太ももへの接続軸を3mm延ばし、膝関節の位置を下に下げました。

腰アーマーをつければ延長したところは見えないので、適当に工作してあります。

ボクサー009.jpg

これにより、ある程度膝を曲げたポーズが取ることが可能になりました。

ボクサー010.jpg

後、足首の関節ですが3軸となっていますが前の1軸でも問題なく立つことができるので、1軸にします。

3つも軸があるとポーズが取りづらいかと。

カカトのパーツは後ハメ加工が難しいので、紺色のパーツを接着して塗装の時にマスキングで色分けをします。


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 23:00| Comment(0)| TrackBack(0)| スパロボOG| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

▲TOPへ