2012年07月08日

1/100 アーマードバルキリー VF-1J 製作4

イマイより発売の1/100 VF-1を製作しています。
アーマードパーツを進めているのですが、うっかり加工途中の写真を取り忘れてしまいました。

加工後の写真と文で説明していきます。

●肩アーマー

アーマードバルキリー (36).jpg

アーマードバルキリー (32).jpg

胴体への接続はエバーグリーンの4mmのプラパイプに3mmの穴を開ます。

そこに3mmプラ板を通し、接着。

2mmの穴を開けてBJ-04プラサポ@の1を差し込んで接続軸にします。

肩の軸穴を4mmに広げ、胴体との距離を現物合わせで決めて接着。

上腕への接続はコトブキヤのローリングジョイント1に、3mmの穴を開けた4mmプラパイプを両側に差し込みます。

キットの外側のパーツにある上腕をハメる凹の切り欠きを幅4mmになるまで広げ、そこに接着します。

肩外側の上面にあるマルイチモールドはP-111  マイナスモールド IIの平たい方の4を使用しました。

背面ダクトは一度削り落とします。

エバーグリーンの1.0×4.0mmでダクトを再現。

●腰

アーマードバルキリー (40).jpg

アーマードバルキリー (37).jpg

胴体への接続は写真の位置でPC-03プラサポ@の2と3mmプラ棒で行います。

腿上との接続はPC-03プラサポ@の5とBJ-04のCで内壁ピッタリになるように設置しました。

設置後、プラリペアで補強して、前後を接着して終了。

●腿上

アーマードバルキリー (39).jpg

アーマードバルキリー (38).jpg

キットの追加アーマー以外は切り落とします。
 
いろいろ試行錯誤をして接続方法を決定したので、どこの位置にサポートパーツを接着とか分からなくなってしまっています。

とりあえず、前後を接着してから軸を追加しました。

腰との接続はBJ-04プラサポ@の1で軸の長さを調整して接続するようにしました。
 
追加アーマー内にPC-03プラサポ@の5とローリングジョイントを組み合わせて軸を追加します。

更にエバーグリーンの7.9×7.9mmのスクエアパイプとPC-03プラサポ@の1を2つ使用して、スネ下との接続パーツを作成。

スネ下の接続軸が後ろ寄りのため、接続パーツ下の位置も後方にズレています。

追加アーマー正面のマルイチモールドは マイナスモールド IIの平たい方の6を使用。

●胸部追加装甲

アーマードバルキリー (35).jpg

アーマードバルキリー (33).jpg

胸部追加アーマーはキットの前面のパーツだけを使用しました。

現物合わせで上面を側面の面をVF-1Jの胴体と擦り合わせしました。

一度多めに削って、そこからVF-1Jの胴体にあるようにプラ板を接着して調整。

脇と腰回りはキットの接着面だったところで2.5mm延長して、中身が見えないように。

更にパーツ下を1mmプラ板で延長。

内部にHIQPARTS(ハイキューパーツ)のネオジム磁石の円形の3mmを使用して接続するようにしました。

胴体内部にも同じ磁石をセット。

胸部左右のマルイチモールドはマイナスモールド IIの平たい方の4を使用。

●胴体

アーマードバルキリー (34).jpg

首周りのモールドが寂しいので、マイナスモールド IIの平たい方の3や凹モールドを入れてディテールアップを行いました。

後はVF-1Jのスネのモールド調整で製作記事も終了させる予定です。


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 23:00| Comment(0)| TrackBack(0)| マクロス| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2012年07月04日

1/100 アーマードバルキリー VF-1J 製作3

イマイ 1/100 アーマードバルキリーの製作記事の3回目。

今回はスネパーツです。

ここでもHIQPARTS(ハイキューパーツ)のネオジム磁石を使用しました。

●幅詰め

まず、追加装甲の接着面で1mm幅詰めを行いました。

それに伴い、スネパーツを下から通すのに干渉してしまいました。

装甲の足首側の内側を削ることで解消。

●接続方法

ここで使用したネオジム磁石は4×2×1の角型です。

アーマードバルキリー (30).jpg

ます追加装甲側に瞬着でマグネットを仮止めして、スネの内側にも仮止めします。

貼りあわせて外見的に問題ないと判断してマグネット周りをプラ板で囲います。

アーマードバルキリー (31).jpg

その後接着して表面処理を行いました。


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 20:00| Comment(0)| TrackBack(0)| マクロス| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2012年07月01日

1/100 アーマードバルキリー VF-1J 製作2

イマイ 1/100 アーマードバルキリーの製作記事の2回目。
今回は前腕の追加装甲の加工についてです。

アーマードバルキリー (42).jpg

●手首関節

キットへの加工は、手首の穴の径がBJ-03のAを挟めるくらいまで広げただけです。

手首の関節はそのままだと手首が出すぎな気がしたので、BJ-03のAとキットの間に0.5mmプラ板を挟んで接続するようにしました。

BJ-03のAが回転しないようにプラ角棒などで固定。

関節隠しにU・バーニアフラット【正方形】の8mmを使用。

●ヒジ関節

ヒジ関節の接続をエバーグリーンの4mmのプラパイプに3mmの穴をピンバイスで開けて、コトブキヤのローリングジョイントの1を挟む方式に変更。

●その他

肘の突起部分は中が見えてしまうので、プラ板で蓋をしました。


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 19:00| Comment(2)| TrackBack(0)| マクロス| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

▲TOPへ