2016年08月11日

コトブキヤ LEDソードに使えるミライト

最近購入したコトブキヤのギミックユニット LEDソード。
これに付属のミライト(LED付リチウム電池)は使い捨ての電池です。

電池が切れるたびに定価1,200円+消費税を出してLEDソードを買い直すと、ミライト以外のパーツが勿体無く、ミライトだけを購入出来ないかと調べてみたところ、おそらく同じものがありました。

DSCF4832.JPG

ヒロミ産業株式会社より発売のLED付リチウム電池 ミライト 327シリーズです。
大きめの釣具屋で見つけて購入しました。

続きを読む
posted by シグラム at 23:07| Comment(0)| コトブキヤ| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2016年07月30日

コトブキヤ LEDソード レビュー

最近コトブキヤより発売されたモデリングサポートグッズシリーズ ギミックユニット02 LEDソードを購入しました。

DSCF4814.JPG

上の写真は結構発光しているように見えますが、薄暗い室内で写真を撮ったので発光しているように見えるだけで実際はこれほど発光しません。

この商品は気軽に発光するソードを再現できる面白い商品です。
色はレッド、ブルー、グリーンの三種類です。

以前より興味があったので、いくつか購入してどのようなものか見てみました。

続きを読む
posted by シグラム at 23:27| Comment(0)| コトブキヤ| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2015年01月27日

コトブキヤ 連装砲ちゃん 製作

コトブキヤより発売の連装砲ちゃんを製作しました。

DSCF1901.JPG

キットはコトブキヤ製の割に珍しく定価1,200円と安いです。

そのため完成後も砲身含めて8pくらいと小さく、浮き輪の下に肉抜き穴があるなど、値段相当になっていると思います。

●頭部の後ハメ加工

DSCF1900.JPG

砲身は挟み込みになっているので、後ハメ加工を行いました。

WaveのPC-03プラサポ@の1とPC-03のランナー部分を加工して砲身用の軸にし、そこに切り欠いた砲身を塗装後に差し込むように変更。

●肉抜き穴

浮き輪の下の肉抜き穴は完成後に目立たないので、そのままにしました。

浮き輪とコンパチになっている腰(?)パーツにも肉抜き穴がありますが、このパーツは使用しないので、工作を行いませんでした。

●ぜかましの文字

キットに「ぜかまし」の文字のデカールは付属していません。

こればかりは付属して欲しかったです。

文字はあまりうまくいきませんでしたが、ミラクルデカールを使用して自作デカールで再現しました。


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 23:30| Comment(0)| TrackBack(0)| コトブキヤ| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

▲TOPへ