2012年12月16日

1/600 イデオン 製作3

アオシマより発売のイデオンの製作を続けています。

腕の可動に一応の目処が付いたので掲載します。

イデオン (14).jpg

これで何とか全方位ミサイルのポーズが取れそうです。


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 22:00| Comment(2)| TrackBack(0)| イデオン| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2012年12月10日

1/600 イデオン 製作2

以前の状態から胴体、首を繋げました。

イデオン (16).jpg

腰と胸に軸を仕込みましたので、全方位ミサイルのポーズが取れるように前屈みに出来るようになりました。

イデオン (17).jpg

●胴体

襟元(白いパーツ)がツライチになっていて襟が立っていません。

ハイパーカットソーを使用して左右と中央に3分割にし、中央を1.5mmくらい下げて接着します。

その時、前方の四角い凹モールドと首の間の傾斜の角度を内側に切れ込みを入れて、外側に広げて接着しました。

そうしないと前のパーツの位置が中央を1.5mmくらい下げたときに合わなくなります。

首の根元のシャッター部分を切り抜いて裏からプラ板を接着して一段下げました。

首はRG-79AVとパーフェクトガンダムの為にジャンクになったHGUC ガンダムG30thの上腕を加工しました。

イデオン (13).jpg

内側には腹に接続するために穴をくり貫き、関節軸をプラサポとP・キャップを使用して作成。

イデオン (11).jpg

●腹

元々のサイズですと前後上下左右に大きいので、胴体に合うように現物合わせで幅詰めを行いました。

キットのままですと寸胴なので、逆ハの字になるように楔状に上面を広げ、その後に胴体と腰に接続する軸を内蔵しました。

イデオン (9).jpg

イデオン (12).jpg

●腰

このパーツのキットのままですとサイズが大きいように感じたので、中央と左右で3分割して幅詰めを行ってあります。

前回のパーフェクトガンダムを参考に関節軸を作成。太もも上にプラサポ内蔵の軸を追加しました。

イデオン (8).jpg

腰との接続は下の写真のようになっています。

この関節軸を隠すカバーパーツを作成しないと前屈みになった際に丸見えになってしまいます。

イデオン (10).jpg

次は最大の難関の腕ですかね〜


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 21:00| Comment(0)| TrackBack(0)| イデオン| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2012年11月25日

1/600 イデオン 製作1

アオシマより発売の1/600 イデオンを加工しています。

キットには分離や変形機能が再現されているせいか、非常に加工しにくいです。

●足

今回使用しているプラサポやポリパーツは5mmのものです。

切った貼ったで現物合わせで加工しているので、どこを何mm増減したか分かりません。

イデオン (3).jpg

イデオン (5).jpg

イデオン (6).jpg

イデオン (4).jpg

●顔

人形は顔が命なので、キットを元に黒い瞬着で裏打ちを行なってから顔の前面を加工しました。

ゴーグルの部分は裏からエポキシパテを押し当てて硬化後に形を整えました。

イデオン (2).jpg

イデオン (7).jpg

今のところこんな感じです。

イデオン (1).jpg


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 20:00| Comment(2)| TrackBack(0)| イデオン| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

▲TOPへ