2015年06月12日

アクリめいと 荒波プレート レビュー

いくつかウォーターラインの艦戦モデルを製作していると水面を再現した板が欲しくなってきました。

探してみたところタミヤの限定品と、「アクリめいと」というアクリルケースオーダー制作しているところのものがありました。

タミヤのものは入手が出来なかったので、アクリめいとの荒波プレートと海面シートのセット商品を購入しました。

長さが915mm均一で幅が選べる商品です。

長すぎるのでノコギリで半分に切り分けました。
3o程厚みがあるので、結構大変でした(^^;

●未塗装の状態

DSCF2493.JPG

透明のプレートの為、海面シートがあるとはいえちょっと青みが足りません。

●クリアー+クリアーブルー

DSCF2491.JPG

上面を軽くスポンジヤスリで擦り、クリアーとクリアーブルーを1:1で混ぜたものをムラを出しつつ塗装してクリアーでコートしてみました。

結構いい感じだと思います。
展示会などで使用していきたいと思います。


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。
posted by シグラム at 00:00| Comment(0)| 艦船| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2014年11月18日

1/700 潜水艦 伊401 完成

蒼き鋼のアルペジオ版のI-401より遅れていた伊401を完成させました。

DSCF1747.JPG

晴嵐の滑車台等はピットロードのイ-13&イ-400用エッチングパーツを使用しました。

晴嵐を載せていない状態にもしたかったので、固定は両面テープで行っています。

DSCF1748.JPG

駆逐艦、航空戦艦、潜水艦×2と艦船モデルを製作してきましたが、今後も別のカテゴリーの艦船を作ってみたいです。

各メーカーの発売しているキットを調べてみたら、あきつ丸や(当たり前ですが)航空戦艦の扶桑とか発売されていないんですよね。

間宮や超大和型戦艦が発売されていたり、大和型の主砲を輸送した樫野が発売されますので、どこかのメーカーから発売されてほしいところです。


↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 18:00| Comment(0)| TrackBack(0)| 艦船| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする
2014年11月17日

1/700 潜水艦 伊401 製作中4

アオシマの1/700 ウォーターライン No.452 日本海軍特型潜水艦 伊-401号の製作を続けています。

船体の方は完成しました。

残っているのは晴嵐です。

デカールを貼ったばかりなので、乾燥待ちです。

DSCF1746.JPG

アオシマのキットの不満点はデカールです。

↓アオシマ 伊401付属のデカール

DSCF1744.JPG

船体にあるイ401の表示は黒い枠の中にあるので、使用するなら一番下のものなのですが、なぜかイ402の番号。

日の丸も晴嵐用のデカールもないので、船体番号と日の丸はピットロードのI-400&I-401に付属のものを、晴嵐にはFUJIMI 航空戦艦 伊勢に付属の瑞雲用のデカールを一部加工して使用しました。

また、晴嵐のプロペラは伊勢を製作した際にあまった、ハセガワのエッチングパーツのものを流用しました。

DSCF1745.JPG

日の丸と船体番号は上の写真の反対側にも貼るのですが、スペースが狭いので日の丸の白い部分の四隅を少し切って貼りました。




↑ブログランキングに参加しています。ご協力お願いします。

posted by シグラム at 19:00| Comment(0)| TrackBack(0)| 艦船| このブログの読者になる| 更新情報をチェックする

▲TOPへ